ボーディングスクールで学ぶメリットとは

ボーディングスクールとは寮の施設を備えて、24時間、学生をサポートする学校を総称して指します。

一部の学生を除いて、多くの学生が寮生となり、キャンパス内で生活を送っています。



世界中からそれぞれの文化や考え方を持った学生が集まり、寮で共同生活を行い、学習やスポーツだけでなく、地域のボランティア活動などにも参加し、様々な経験を積んでいくのです。

話題になっている朝日新聞デジタルの口コミ情報を掲載しています。

小学校から受け入れを行っている学校もあれば、中高一貫の6年生、中学3年から高校3年までの4年制などがあげられます。
それではボーディングスクールを選ぶメリットにはどのようなことが挙げられるのでしょうか。
ボーディングスクールのメリットの一つ目に、英語で行われる授業を理解して、自分の意見をしっかりと英語で伝えることができ、実践的な英語力を身につけることができるということです。

ひとクラスは平均約12人ほどの少人数制で授業が行われます。

担当の先生はひとりひとりの学習の進み具合を把握することができるので、学生は自分に合った的確なアドバイスや指導を受けることができます。

寮で生活をするため、学習面だけでなく生活面などのサポートを受けることもできます。
寮生活は寮生と共同して生活をしていくため、時間の管理や自己管理、自己責任能力を自然と身につけることができます。そして高校や大学に進学するための勉強だけでなく、ボランティア活動やスポーツ芸術、文化活動など豊富な活動に参加する機会が与えられます。

このため自分では見つけることの、できなかった新しい才能や能力を発見するチャンスもつかめるということになります。