ボーディングスクール

ボーディングスクールとは、ひとことで言うと全寮制の学校のことです。



家族と離れ、寮に入って学校生活を送ることで、勉学だけでなく規律や礼儀、自立心を養い、高い素養とリーダーシップをもった人材を養成することを目的としています。
特定の芸術活動やスポーツに特に力をいれている学校や、退役軍人によって創立されたミリタリースクール、特に小規模での教育を行うスモールボーディングスクールなど、いくつか種類があります。

中でもプレップスクールと呼ばれるボーディングスクールは、卒業生のほとんどが名門大学に進学し、大学進学準備校とも呼ばれています。イギリスが発祥の地とされていますが、アメリカやカナダ、オーストラリア、スイスなど世界各地に存在します。



ボーディングスクールでは基本的に少人数での教育が行われ、平均して教師ひとりに対して生徒が12人程度の割合となります。



優秀な教師が生徒個人個人の資質を見極め、それぞれの個性を尊重した指導を行います。


またどの学校においても施設、設備が大変充実しています。
莫大な蔵書量を誇る図書館はもちろん、ジムやプールなどの体育施設、芸術施設、劇場などを有しています。


ボーディングスクールが優れた教師や充実した設備を維持できるのには、卒業生からの寄付により、潤沢な経営資金があることが背景にあります。多くの卒業生が、高いレベルで社会的に成功しており、自身を育ててくれた学校への感謝の気持ちをこめて寄付を行っています。